検索
  • HARUE KAWAGUCHI

這い松の香り

小学生の頃から父に連れられて山に登り始めた。

高校時代は山岳部所属、個人的に岩場トレーニングにも行くようになって…。



自分史上“最難関„だったのが、 夫君と行った奥穂高~ジャンダルム(このビデオの)コース!!



●この映像は奥穂高~馬の背…でUターン~奥穂高~穂高山荘

●私たちは、穂高山荘テント場出発~奥穂高~馬の背~ジャンダルム~天狗のコル~上高地へ下山というルートで、見上げようとすると頭が閊えるザック・20kg以上の荷物での縦走だった。

ユーチューブで映像を見つけたので拝借。 コレ、見ている方が怖いかも! 絶対、心臓の弱い実母には見せられないな~・・・(笑)



当時は、物凄い興奮状態。

既に右股関節に痛みが出ていたので、もう二度と3,000m には登れないだろうから…

だからこそ、ずっと行きたかったジャンダルムが最期と決めた!



登山用の地図では、このコースは点線・・・


実線で表示されるコースならば、危険個所にはハシゴやらクサリなどがあるけれど、

点線コースに、それらはない。

正に「自己責任で登れる人だけ行ってね~!」というコース。 ほとんど全部が危険個所!

解っちゃいたけど、高度感ハンパなく、何度も手の汗をぬぐった。 頭の中で、「三点支持」「ゆっくり」「体を岩から離せ」「下は見ない」と何度も呟いた。

緊張で口から心臓が飛び出そうだったし、 岩場に挟まった足先や、膝が何度か抜けなくなった場面もあり、 本当に青ざめた・・・💦💦

更には、歩きの下手な登山者にバラバラと落石おこされて、 耳横スレスレを20cm大の石が!! もし、当たっていたら、私は確実に谷底に落ちていっただろう・・・

すべての岩場を通り抜けた、安心できる地面に立った時、 ブルブルと震えていた!

天狗のコルから上高地にくだるお花畑は・・・ 生涯忘れられない光景だった~✨✨🌈

祝福するかのように、 濃い、本当に抜けるような青空をバックに、 歩いてきた岩場が微笑んでくれていた。

あれから、もう10年は経つだろうか・・・

3,000m 級の山に今は登れなくなって、あの高度感、空気や沢の水の美味しさ、 可憐な花・高山植物の美しさ、厳しい環境で逞しく生きる痩せた小動物たち 夜空・天の川の美しさに出会えなくなった。 (書いているうちに涙が溢れた…) 特に高山にしか見られないハイマツ(針葉樹)の香りが無性に懐かしくて、 「あ~、あの香りをもう一度、胸いっぱいに嗅いでみた~い!!」 ワタシの心からの願いです~(^^♪💓 追記〉〉 この記事を投稿した11/5、NHKで偶然「ジャンダルム」が放映されていた!

そうそう…、番組を見て思い出したけど、 横尾から穂高岳山荘まで上がる間に、足がきつくて! 「あ~、もう山は無理だな…」と思った。

なので到着と同時に、夫君に交渉、明朝の奥穂からの下山コースを、前穂高岳~上高地から変更して、難易度の高いジャンダルム周りに無理やりしてもらった。 穂高岳山荘HPの記載*****下記転載

難ルート・エキスパート向き

長く険しく、適切な現場判断が必要とされる、厳しいルートです。 地図上では一般登山道とはされていません。 エキスパートの方のみご計画ください。 体力、判断力、岩稜歩行技術などが求められます。ロープを使用し、確保しながら歩く方が多いです。

西穂山荘~穂高岳山荘間には、小屋はありません。 また、エスケープルートは天狗のコルからの下りのみです(通常の登山道ではないので手入れされておらず、道は荒れています/遅い時期まで残雪がある場合があります)。

最近はとくに事故が多く、また救助も困難な箇所が多いです。 *****転載終了

夫君は過去にジャンダルム経験済みで、 転落した人を回収しているヘリを見ていただけに、 「大丈夫!?」と何度も確認されて 「問題なし~♬」と言い切っての決行でしたから、 私たちはヘルメットなし・ザイルは結局出さずじまいでした~(笑) 良い子の皆さんは、こんな無茶はなさいませぬように・・・ 万が一の時には、レスキューの皆様をも危険にさらすことになるのです。 思えば無茶したものです・・・(^_^;)ゞ 本当に神のご加護を頂いて、生きてます~✨💓💓✨ ありがとう、ありがとう、ありがとう

https://www.youtube.com/watch?v=kGKY7dpDodo


0回の閲覧

We work with executives from:

​© 2023 by Susan Green Coaching.

Proudly created with Wix.com

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon